コスタリカ国立劇場にあるアンティークなカフェ

f:id:jdtabiblog:20181220170558j:plain

 

こんにちは〜

 

日本から観光に来た人から風邪を移されたけど、コスタリカは乾燥地帯なので空気感染しないとタカを括って、外出しまくりの橋本です。

 

もしコスタリカでパンデミックが起こったら私のせいかもしれない。

 

なんて冗談はさておき、国立劇場内にあるカフェに行ったら楽しかったので、今日はメニューや生き方についてお話します。

 

 

国立劇場カフェ 

 

Youtuberになろうと思ったけど動画編集が思ったより面倒なのでやめた結果、暇になったのでカフェ巡りをすることにしました。

 

f:id:jdtabiblog:20181221054327p:plain

 

なので手始めに、国立劇場内にあるカフェに行ってきました。 

 

国立劇場は1887年に建築されたらしいので、ちょうど井上馨が欧化政策を批判されてやめた年と同じ。(地理選択者には分からない) 

 

カフェは国立劇場の中に入って、すぐ左手にあります。

 

 

入り方

f:id:jdtabiblog:20181221052054p:plain

 

 

普通にお店に入って、席に座って大丈夫です。

 

狭い店内にウェイターさんが何人もいるので気付いてくれて、メニューを持ってきてくれます

 

 

メニュー

 

 

メニューはホームページから確認できるので、行く前にチェックしておくといいかもしれません

 

www.teatronacional.go.cr

 

私はチョコラテと

 

f:id:jdtabiblog:20181220171536j:plain

 

お勧めされたアップルパイを注文しました 

 

f:id:jdtabiblog:20181220171449j:plain

 

 

アップルパイはメニューに書いてないけど、レジ近くに置いてあります

 

ほかにもキッシュやサンドウィッチなどドリンク以外にも色々あるので、小腹がすいたときにもちょうど良いです。

 

 

ちなみに、コスタリカのケーキは見た目重視のせいか控えめに言ってまずくて、クオリティーが私の母親と同レベルです

 

f:id:jdtabiblog:20181221055128p:plain

え?これで見た目重視なの?もはやラテン人の美的センスを疑う一品 

 

なので、美味しいケーキはものすごく貴重。

 

 

店内には天井の絵や彫刻が美術館、という感じでおしゃれな雰囲気を楽しめます

 

f:id:jdtabiblog:20181221051853p:plain

上の空な悲しげな彫刻。その表情は滑り止めで滑ったほろ苦い大学受験の思ひでを彷彿とさせる。 

 

f:id:jdtabiblog:20181221053209p:plain

ラテン版見返り美人

 

フラッシュ厳禁なのに堂々とフラッシュ撮影をして、一発退場になった外国人観光客がいたので気をつけてください

 

 

ちなみに今の時期はクリスマスイルミネーションが近くでやってるので綺麗です

 

f:id:jdtabiblog:20181221051820p:plain

 

カフェでのんびりして日が暮れたあとに、イルミネーションや夜景を見に行くと楽しいと思います。



まとめ

 

コスタリカ国立劇場

 

月~土:9時~19時

日曜日:9時~18時

 

サンホセ市内の真ん中にあるので、アクセスが良い場所にあります。 

 

劇場の中の観覧はやってなくてもカフェはあいている場合があるので、ぜひチェックしてみてください

 

以上

カフェ巡りはじめたは良いけど、コスタリカにあるオシャレなカフェは既にネタ切れの予感がしてます♡

www.holajo.net

www.holajo.net

www.holajo.net